透湿ルーフィングとは?

  • 透湿ルーフィングはどの程度普及しているのか? 日本だけで使われているのですか?
    • 国内ではまだ数%ですが、欧州(ドイツ)では瓦系で90-95%、スレート系で50-70%、金属系(薄物)で50-70%、金属系(厚物)で90-95%が透湿ルーフィングで今後、国内でも透湿ルーフィングの普及が進むと考えます。
      ドイツでは1987年に開発され1996年ごろから普及し現在では、ほとんどの現場で使われています。
      透湿ルーフィングが出現するまでは、日本と同じアスファルトルーフィングが主流でした。
      しかし、屋根断熱が一般的だった為、結露の被害が広がり、透湿ルーフィングが開発されております。

  • 透湿ルーフィングのメリットは?
    • 小屋裏の結露を抑え、野地板の結露による腐食などの危険性を低減します。

アスファルト系ルーフィングとの違いに関して

施工に関して

その他

会員企業・顧問

  1. ウッドファイバー株式会社
JIS A6111 : 2016 屋根用透湿防水シート(透湿ルーフィング)品質概要

住宅瑕疵保証について

透湿ルーフィング標準施工要領について

新規加入について



問い合わせ